山下達郎のジャニーズ提供曲は何?スマイルカンパニーとジャニーズの関係も調査!

ジャニー喜多川氏による性加害問題での発言が話題となっているシンガーソングライターの山下達郎さん

山下達郎さんと言えばジャニーズに楽曲を提供していることでも有名です。

そんな山下達郎さんですが、ジャニーズへの提供曲は何なのでしょうか?

この記事では

  • 山下達郎がジャニーズへ提供した曲は何か?
  • スマイルカンパニーとジャニーズの関係について

これらについて見ていきたいと思います!

目次

山下達郎のジャニーズ提供曲は何?

山下達郎さんが今までにジャニーズに提供した曲にはどのようなものがあるのでしょうか?

①近藤真彦

まず、1人目が近藤真彦さんです。

  • 1981年:『恋のNON STOPツーリング・ロード』(作詞:すずきひさし、作曲・編曲:山下達郎)
  • 1982年:『ハイティーン・ブギ』(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 1982年:『Momoko』(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 1984年:『永遠に秘密さ』(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 1984年:『One more time』(作詞:松本隆、作曲:山下達郎編曲:馬飼野康二・山下達郎)

山下達郎さんは、1981年に近藤真彦さんに楽曲を提供したことがジャニーズへの楽曲提供の始まりのようです。

近藤真彦さんに提供した曲の作曲・編曲は全て山下達郎さんが携わっていらっしゃいますね。

少年隊

出典:文春オンライン

そして2組目は少年隊です。

  • 1998年:『湾岸スキーヤー』(作詞:秋元康、補作詞:Alan O’Day・山下達郎作曲:Alan O’Day・山下達郎コーラスアレンジ:山下達郎)

この曲では山下達郎さんはコーラスアレンジも担当していらっしゃいます。

当時から少年隊のような人気グループにも楽曲を提供していたことが分かりますね。

③KinKi Kids

出典:エキサイトニュース

そして3組目はKinKi Kidsです。

  • 1997年:『Kissから始まるミステリー』(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 1997年:『硝子の少年』(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 1998年:『ジェットコースター・ロマンス』(作詞:松本隆、作曲:山下達郎、編曲:船山基紀)
  • 1998年:『Happy Happy Greeting』(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 2022年:『Amazing Love』(作詞:KinKi Kids、作曲・編曲:山下達郎)

なんと、KinKi Kidsのデビュー曲である『硝子の少年』も山下達郎さんが提供していらっしゃいます。

間は空いていますが、KinKi Kidsには1997年から2022年まで楽曲を提供していますね。

このようにして見ると、どれも有名な曲ばかりですね。

④NEWS

出典:音楽ナタリー

そして4組目はNEWSです。

  • 2008年:『SNOW EXPRESS』(作詞:伊達歩、作曲:山下達郎)

山下達郎さんはNEWSのような、比較的新しいグループにも楽曲を提供されています。

本当にジャニーズ全般へ提供している印象がありますね。

⑤嵐

そして5組目はです。

  • 2016年:『復活LOVE』(作詞:竹内まりや、作曲・編曲:山下達郎)

この曲では山下達郎さんの奥様である竹内まりやさんが作詞をしていらっしゃいます。

嵐の『復活LOVE』もとても有名な曲ですよね。

⑥木村拓哉

出典:Instagram

そして6人目が木村拓哉さんです。

  • 2022年:『MOJO DRIVE』(作詞:真島昌利、作曲・編曲:山下達郎)
  • 2022年:『MORNING DEW』(作詞:真島昌利、作曲・編曲:山下達郎)
  • 2022年:『Good Luck, Good Time』(作詞:zopp、作曲・編曲:山下達郎)

山下達郎さんはSMAPを解散してソロ活動になった木村拓哉さんにも楽曲を提供していらっしゃいます。

このようにして見ると、山下達郎さんはジャニーズの合計6組、合わせて16曲の楽曲を提供してきたようです。

近藤真彦さんに提供した1981年から木村拓哉さんに提供した2022年まで、約40年間に渡り提供してきました。

とてもすごいですよね。

山下達郎の所属事務所・スマイルカンパニーとジャニーズの関係は?

現在ジャニーズ事務所を擁護している、と批判を浴びている山下達郎さんですが、山下達郎さんの所属事務所スマイルカンパニー」とジャニーズ事務所の関係が原因の一つのようです。

そして、山下達郎さんの所属事務所「スマイルカンパニー」とはどのような事務所なのでしょうか?

スマイルカンパニーとは?

まず、「スマイルカンパニー」は、1978年に山下達郎さんのマネジメントを目的に設立された事務所「ワイルド・ハニー」が前身になります。

その後、山下達郎さんの著作権管理等を目的とした事務所として現在の「スマイルカンパニー」が設立されました。

「スマイルカンパニー」は山下達郎さんの奥様である竹内まりやさん放送作家の鈴木おさむさん、そして漫画家のヤマザキマリさんも在籍していらっしゃいます。

また、作詞家・作曲家等のクリエイターが多数在籍している事務所のようです。

そして「スマイルカンパニー」の代表取締役社長は小杉周水さんという方になります。

スマイルカンパニーとジャニーズの関係

小杉理宇造さん(出典:Musicman)

そして、山下達郎さんが所属する「スマイルカンパニー」とジャニーズの関係は、現在の小杉周水さんの父親である小杉理宇造さんが関係しているようです。

小杉理宇造さんは「スマイルカンパニー」の初代社長を務めていました。

小杉理宇造さんは1975年にレコード会社RCAに入社した際、山下達郎さんと出会いました

出典:ORICON NEWS

そしてこの時に近藤真彦さんの担当ディレクターを務めていた小杉理宇造さんは、その手腕に対してジャニー喜多川さんから高い評価を受けたのだそう。

この時からジャニー喜多川さんと小杉理宇造さんの繋がりができ、2003年にはジャニーズ・エンタテイメントの代表取締役社長にも就任していらっしゃいます。

また、ジャニーズ事務所の役員の中では、ジャニー喜多川さんの家系以外で唯一の役員であった時期もあったそうです。

このように、小杉理宇造さんとジャニーズ事務所の繋がりが深く、それ故に山下達郎さんとジャニーズ事務所の関係も深く、楽曲提供も行ってきた、ということになるようです。

今回はやはり「性加害」という側面がある為、批判がある山下達郎さんですが、一刻も早く事態が収拾して松尾潔さんとともにさらに良い楽曲を作って頂きたいなと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次